FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性向けマッサージの方法

こんにちは!

嬉しいことに、先日男性の方からメッセージをいただきました(^O^)/

なので、あまり刺激的な言葉が書けないブログですが、

オブラートに包みながら少しだけ♪

あくまでも僕の個人的なやり方なので、鵜呑みにされませんよう!

僕がよく参考にするのは『アダム徳永』さんのスロー○○○♪

この愛撫方法に僕なりのエッセンスを加えます。

要は、男性が欲求を叶える為だけのビデオを真似たような

ジャンク○○○ではなく、あくまでも女性に快楽を得てもらうことを

最優先に考えます。

では、冒頭部分の要点をいくつか。

経験上、人間の体はシャワーを浴びる前の冷えた体が一番敏感だと

思います♪

ですので、女性の服を優しく脱がせながら首元にキスをしたり、

体中に舌を這わせたりしてあげてください。

もちろん耳元で言葉を掛けてあげてくださいね(*^_^*)

この時に、女性に目隠しをしてあげるのも効果的です。

そうすることで体の神経が研ぎ澄まされてさらに敏感になりますし、

女性自身の恥ずかしさも軽減されます。

舌を使うのはココまで!

女性は匂いに敏感なので、女性の体にずっと唾液が残っているのは

ダメ((+_+))

唾液は時間が経って乾くと、匂いを発します。

一緒にお風呂に入って、女性の体をたっぷりの泡で優しく

洗ってあげてください♪

もし、その後にあ○るを愛撫するようでしたら、この段階で

きちんと洗って十分ほぐしてあげましょう。

汚いものに抵抗を感じる女性はとても多いです(T_T)

ベットに移ったら、男性自身の手と足と体で女性をマッサージします。

この時使うのは、ベビーオイルとベビーパウダー。

女性の肌はとても繊細ですので、ローション等はずっと使い続けると

肌を荒らしてしまうことになりかねません((+_+))

その点、低刺激なベビーオイルとベビーパウダーなら安心ですし、

パウダーの柔らかい香りが女性をリラックスさせてくれます♪

とにかくスローに愛撫します。

男性自身の手をメインに、女性の頭の先からつま先までを丁寧に

してください。

極端な話、髪の毛だって触り方によっては性感帯に変わります。

普段何気なく触っている頬から顎にかけてのラインを、指先で

触れるか触れないかぐらいの感覚で撫でてみてください。

なんかゾワッっとするでしょ?

男性自身が勝手に想像する性感帯は脳から取り除いて、

『新たに発見してあげよう!』

くらいの気持ちでゆっくりと時間を掛けます。

あとは女性の反応を確かめながら、反応が良い部分はさらに丹念に!

最初はくすぐったがるかもしれませんが、気持ちが乱れてくると(笑)

その部分が逆に気持ち良くなったりしますよ♪

最後はベビーオイルを指先に塗って、女性の突起を優しく刺激して

あげてください。

『女性の突起』って(笑)

とても大事なのは、ひたすらゆっくりマッサージする!ということです

男性の欲求を果たしたいが故に、急いですませようとすると、

それはイコール『ジャンク○○○』になってしまいますので注意!

是非、トライしてみてくださいませ(^O^)/

何かのヒントになれば嬉しいです(*^_^*)



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

HUGと蜜

なんでこんなニックネーム?と思われることが多いので((+_+))

僕はカフェ巡りが大好き♪

で、時間を見つけては近畿各地のカフェを巡っております(^O^)/

もちろん出張先でも♪

お気に入りは京都にある『月と六ペンス』

イギリスの小説家、サマセット・モームの小説タイトルを

お店の名前にしたカフェです。

一人で静かに大好きなコーヒーを飲みながら読書をするには

抜群の雰囲気なんですよ(^O^)/

そんな雰囲気はもちろんなんですが、名前がめちゃくちゃ好き(*^_^*)

なんか情緒的で暖かいイメージなんです。

で、ブログを始める時に『パクろう!』と思って、『HUGと蜜』

女性の体に触れる時、僕は技術よりも気持ちを大切にしたいと思ってます。

だって、女性は『脳』で感じますから(*^_^*)

だから僕が荒っぽく適当に触れたら、とても女性に気持ち良く

なっていただくことはできません!

・相手を大切に想って抱きしめる→『HUG』

・それだけでも相手が『脳』で感じて濡れてくるように→『蜜』

そんな想いでニックネームを付けました♪

でも、自分の『訪問者』やコメントに、僕の名前があったら

嫌ですよねぇ(T_T)

だって名前からして怪しいもん((+_+))

だから僕は、僕に訪問してくださったりコメントしてくださる方に対して

相手の日記に僕自身のコメントを残すようにしてます♪

ペタペタはしますけど(笑)

皆さんと仲良くなりたいけど、相手のことを考えるとできない

このジレンマ(T_T)



テーマ : 人妻・熟女 - ジャンル : アダルト

SさんとMさん

今日の京都は昼間からちょっと肌寒いですが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、今日はSさんとMさんのお話(^O^)/

良く聞かれませんか?

『あなたはS?それともM?』って((+_+))

今までの経験上、人間は誰しも必ずS面とM面を持っていると思います。

『私はMかなぁ』

『絶対S!』

っておっしゃる方は、まだご自身の片面に気づいていないか、もしくは気づいているけど

そのどちらか強い側面をご自身の特徴と認識しているか・・・

あくまでも、色々な方と接していて感じる僕なりの解釈ですが・・・(*^_^*)

男性の風俗には、Sさんになれるお店もMさんになれるお店もあるので、男性自身が

どんな性癖なのかがわかり易いですが、女性はそうもいきません((+_+))

『プライベートのパートナーとは恥ずかしくて・・・』という方がほとんど。

そんな方からのご相談を受けることも多く、実際に『知りたいから試させて!』

と、女性の方からご依頼を受けることもあります♪

実際にその道を極めていらっしゃる方からすると『まだまだね』と言われるかも

しれませんが、ご依頼いただいた女性の要望を満たすだけのS度とM度は

僕なりに持っているつもりです(*^_^*)

で、今夜は大阪で4時間だけ、ドMさんになってきます♪

初めはマッサージでお呼びいただいた方なのですが、そんなお話をさせていただいてから

『女王様気分を味わいたい』ということになり、それ以来ご自身のS面にハマられた

とのことでした(^O^)/

『自分にこんな性癖があったなんて』とキラキラしているお客様を見ていると

僕自身もとても嬉しくなります♪

おかげさまで僕自身の性の世界も大きく広がりましたよ(*^^)v

女性への接し方

父が海外を飛び回る仕事をしていた僕は、中学・高校・大学と単身赴任をしていた父を



訪ねて、よく海外へ遊びに行ってました(^O^)/



英語もろくにわからずに、旺盛な好奇心に流されるまま一人でいろんな場所をウロウロ。



そんな僕にとっても素敵な転機が♪



いや、アメリカ人の女性に怒られただけなんですけどね(T_T)



彼女が怒った理由は単純明快。



僕は彼女にドアを開けさせたまま、お店の中にノコノコと入ったんです((+_+))



いやでもね、僕が入ろうとしたお店のドアを開けたまま、その脇でニコニコこちらを見ている女性が



いたから、ちゃんと『thank you』とお礼を言って中に入りましたよ(^O^)/



えらい中学生にしては礼儀正しいでしょ。



ダメなんだって(゜-゜)



その女性が支えてるドアを、男性である僕が代りに支えて女性を先に中に入れなきゃ。



とってもカルチャーショックですよ(@_@;)



だって微笑みながらドアを開けててくれたじゃない・・・



ドアの脇に立って譲るような仕草みせてくれたじゃない・・・



そりゃ、お礼を言って先に入ってしまうよ・・・



で、なんで怒られたことがかというと、、、



それ以降、たとえ小さなことでも女性に対して繊細に心配りをするようになれたんです(^O^)/



日本人の男性は『そんなオーバーだよ』と恥ずかしがりますが、気遣われて嬉しくない



女性はいないはず!



だから、女性に対して大切に大切に接することを教えてくれたアメリカ人女性には



心から『thank you』♡♡♡




山梨で出張マッサージへ

明日から出張マッサージで山梨。

お客様が『ブログに書いても良いよ~』とおっしゃってくださったので、予告篇♪

お客様は20代後半、まだまだお若いです(^O^)/

寂しさを紛らわして欲しい&もっと自分の体を開発したい!とのご依頼です。

20代後半の方でも、なかなかご自身が感じる部分って未開発なんですね~

ちょっとビックリ((+_+))

医療関係に従事されていて出会い自体が少ないのと、

いままでお付き合いした方と相性が合わなかったとのこと。

前戯されたことが無いんですって(T_T)

女性の体はとっても繊細ですから、じっくり時間を掛けての前戯は

必須なんですけどね・・・

おでかけは富士急ハイランドとワイン作り♪

ワイン作りは僕がご提案したのですが、この時期にしかできない工程で

ワイン用ブドウ摘み→足で踏み潰して搾汁→ラベル作り

こうしてできあがったワインの卵は熟成させてもらい、12月に発送してもらえます♪

先週・今週とマッサージ&おでかけのお客様が続きましたが、体だけでなく

心も元気にするお手伝いができることは、とっても幸せなことですね!

しかし、先週のラフティングで体がガクガクな僕は、お客様の若さに

ついていけるか不安です(;一_一)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。